山口県2nd.5日目、平和の詩【元乃隅神社】


『あの日』から96日目。6月9日。

5時起床

千畳敷キャンプ場で起床。

ここのキャンプ場の良さとしては夜になると海で漁火が見れる可能性があることであった。(5月~6月に見られるそう)夜中に起きて見られるか確認しようと思ったが寝過ごした。

しかし、5時に自然に起きたのもまた好機であった。
丁度ご来光を見ることができた。

今日も観光地に行くので景色がよくなりそうで良かったと思い、二度寝をした。

9時起床

いい天気、いい景色、最高の目覚めであった。

他のキャンパー達の話し声が聞こえてきていて、夜に星も綺麗だったと言うことであった。見られなかったのは少し残念だったな-。

朝御飯は昨日パン系は食べ尽くしたので、非常食で持っているカロリーメイトを食べてテントを片付ける。

元乃隅神社へ

キャンプ場を後にして駐輪場に行くと、人が集まっていた。

何やら、今日はマラソン大会っぽい。『向津具ダブルマラソン』というのが開かれていた。一部平仮名で書くと、むかつくダブルマラソンとなる。

結構楽しみにしていた観光地、『元乃隅神社【もとのすみじんじゃ】』に向かっていた。昨日通った道がマラソンランナーさんが走って登っていた。

ここの神社はアメリカのニュースチャンネル(CNN)で日本の最も美しい場所31選に選ばれたことで有名になった。

~元乃隅稲荷神社~
青い海に続く紅い鳥居が印象的である。昨日にも行けたのだが、晴れている今日にしておいて良かった。
青と緑と赤の色合いが素晴らしかった。

お賽銭の方法も独特で鳥居の上にある賽銭箱にお金を放って入れるという、前衛的なスタイル。

結構皆様オーバースローで投げていて冷静に考えるとものすごく罰当たりなような、、ね。(詳しいマナーはわかりませんが)

長門市へ

元乃隅神社の観光も終わり、次の目的地の長門市へ向かっていた。

坂がきつくて自転車を押して歩いていた。丁度、マラソンコースと同じになってランナーさんと話ながら坂を歩いていた。
今日の朝6時から大会が始まっていて13時間も走るらしい!日曜日にほんとすごいな-っとタダタダ感服してしまう。

ランナーさんに混じってちゃっかり給水ポイントでポカリをもらったりしてランナー気分を味わえた。

長門市に着いてまずはご飯を食べないとお腹が空きすぎていた。

そして、安定のJoyfullでお昼を食べた。JoyfullはフリーWi-Fi、電源、ドリンクバーが揃っていて、田舎にもあるので一番利用させてもらっていると思う。

大盛りライスを2杯食べた。

金子みすゞ記念館

みすゞ先生は、現在の長門市で産まれ育ち、後に下関市に移動される。
みすゞ先生の実家跡に家庭訪問に行ってきましたょ!シャッターが閉まっている商店街の1つにひっそりと建っているのも先生らしいなと思いました。

~金子みすゞ記念館,350円~

あまりしっくり来ていない方のために、

金子みすゞ先生は名前は知っててもなにを書いた人だっけ?っという方!
小学生の時に『私と小鳥と鈴と』という詩を読んだのを覚えていませんか?

『みんな違ってみんないい』というフレーズで終わる詩は先生らしい小さい命にも焦点を当てた優しい詩になっていると思います。

小学生の事は忘れてしまったという方は、東日本大震災のときにCMですごく流れていた、『こだまでしょうか』これも先生の詩です。
胸にズッシリとくる詩でしたね。

そんなこんなで、金子みすゞ記念館情報です。至るところに先生の残した詩が書かれていてそれを読むだけでも先生の優しい世界、哀愁漂う世界に触れることができました。

先生の手書きの詩もありました。

みすゞというのも本名じゃないってことも知りましたょ。本名はテルさんで、みすゞは信濃の枕詞に当たる『みすずかる』から採っているそうです。

ペンネームもお洒落です。金子みすゞ先生に思いを馳せて後にしました。

道の駅おふく

今日の野宿先は『道の駅 おふく』という所でアポイントがとれたのでここに向かった。

着いてみて温泉がついている道の駅だと知って丁度いい機会なので温泉に入った。

~道の駅おふく~

暗くなってから隅っこにテントを建てて眠るのであった。

人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)