北海道40日目、【雪の美術館】


北海道は長すぎる、219日目、9月11日

6時起床

日の出公園オートキャンプ場にて起床。

テントを回収してセイコーマートで朝ご飯です。

旭川へ

今日は午後から天気が崩れる予報なので雨が降る前に都心の旭川へ行きたかった。

途中で花畑がまたあったがポツポツときていたので割愛です。

~ハート型~

割愛②

ここは賑わっていたので少し寄りたかったな!

本降りになる前に旭川には着けてお昼。稚内でも食べたチェーン店のヴィクトリアという店となりました。

ランチですがご飯とカレーとスープおかわりし放題で650円ってすごくコスパいいですね!

これがおかずです。


 

雪の美術館

まだ天気にも猶予があったので『雪の美術館』に行った。

~大人700円~

美術館っていう割には展示作品は少ないです。雪の風景や動物がチョコチョコあるくらい。

しかしここの美術館の見所は造形美に尽きます!玄関からロマンチックですよー。

ロマンチックですね-。

螺旋階段を降りていきます。ちなみにこれ、雪の結晶にちなんで六角形になっているらしいです。

ほんとうにインテリアがキレイでアナ雪の感じがします。(あんま見てないのでイメージです、)

階段の一番下には噴水があります。

細かい所にも雪の結晶のがありますね!

氷の回廊というエリアです。氷柱【つらら】が見えたり冷えていたりで気持ちがいい場所です。

そして、音楽堂というホールに出ます。

ここではオルゴールが流れており優雅な時間が流れています。ここで結婚式とかも挙げられるそうですよ。

すごく高そうですがロマンチストには堪らない!

あと雪の結晶美術館が中にあります。

北海道大学の先生の監修のもとに作られたエリアです。クリスタルルームでは実際に観察された雪の結晶の写真が展示されております。これまたキレイ。

あとは雪の結晶について軽-く資料があるくらいかな。

温度と湿度で雪の結晶の形が変わるそうです。逆にいうと雪の結晶を見ると上空の状態がわかるそうです。

あと、雪の結晶と氷は違いますからね!氷の表面を観察してもこんな美しい形にはなりませんよ。

北海道大学の雪を研究している先生の名言で

雪は天から送られてきた手紙である

っという言葉がある。

なんとも、研究者含めロマンチストが多い世界であった。

 

宿レトロハウス銀座旭川

雪の美術館の観光を終えるとだいぶ雨がつよくなっていた。
迷ったけどゲストハウス『宿レトロハウス銀座旭川』というところに宿泊した。2,000円でリーズナブルだし。

名前もよくわからないし、なんで右に便器があるのかもわからなかったがいいところ。。

やっぱベットは最高だわ~。

からあげも大好きやわ~。

夜はゲストハウスで同部屋の方にトウモロコシやら、メロンやらキュウリやらを一緒に食べて話して、ゲストハウスらしいことをしましたわ。

一般の方からすれば珍しいことをしてるところもあるので、なかなか楽しい晩餐会でしたっ!

新潟の話は鉄板ですな。そういう意味ではありがとう新潟県といったところであった。

 

ざっくりサイクルデータ

人気ブログランキング

“北海道40日目、【雪の美術館】” への2件の返信

  1. 新潟の鉄板トークの時に、変な数珠をつけてみよう(≧∇≦)
    もれなく、相手がサァーっと引いていく空気を感じ取れるでしょう
    (◡‿◡ฺ✿)

まこりん宗 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)